みてもらうためにSEO対策はしっかり

サーチエンジン上位獲得は年々困難になってきている

2000年代前半までは、まだホームページ作成のハードルが高かったためWebページの数自体が少なく、サーチエンジン上位表示はそんなに難しくありませんでした。しかし、2000年代半ばに入るとある出来事によって状況が一変します。それは日記系CMSであるブログの登場です。この簡単に操作できるCMSの登場により誰でも簡単に大量のWebページを作成できるようになりました。それにより、ネット上に存在するWebページの数は短期間の間で激増して簡単にサーチエンジン上位を獲れなくなってきています。さらに2000年代後半以降はどんな地域な店や企業でも大半がホームページを持つ時代となり、サーチエンジン上位表示はますます大変になってきている状況です。

タイトルを工夫して内容も付加価値を高める

ホームページにアクセスしてもらって内容をみてもらうために簡単にできる事といえば、タイトルを工夫するという事です。TITLEタグは昔から変わることなく順位に大きな影響を与え続けていますので、どんなキーワードを入れるべきかよく考えてからタイトルを作成してください。ただし、タイトルをいじったりするだけでは上位表示は難しい時代に突入しており、その替わりとして大事になってきているのが滞在時間の長さです。サーチエンジンのロボットは滞在時間の長いページやサイト全体を高く評価するようにどんどん変わってきています。そして、本当に付加価値が高くて面白い文章のページをたくさん作れば滞在時間が伸びて中長期的には必ず各ページの平均順位が上がります。そのため、昔から存在するSEO界の格言「CONTENTS IS KING」という言葉を胸に、付加価値の高さを意識して各ページを作り込む事が実は最も重要です。

© Copyright Best Homepage Ever. All Rights Reserved.